長良川 に関して調べてみた

岐阜県を流れる 長良川( ながらがわ )について。

都ホテル 岐阜長良川(みやこホテル ぎふながらがわ)は、岐阜県岐阜市の長良川河畔に建つシティーホテルです。今度、岐阜に観光に行きたいと思っているので周辺情報を調べていたら 長良川についての情報があまりなかったのでリサーチ。

鵜飼いがおこなわれることで知られる 長良川 は、岐阜県の郡上市に水源をもち、途中愛知県に接し、三重県を経て最終的には伊勢湾へ注ぐ 一級河川 です。高知の四万十川(しまんとがわ)、静岡の柿田川(かきだがわ)とともに日本三大清流のひとつであり、その様子はとても風光明媚なのだとか。また、日本の水浴場88選 や 日本名水百選 にも選ばれているそうです。そんな長良川には名水と呼ばれる水があって、何カ所か採水場所があるということです。自分もぜひ大自然の清水を飲んでみたいと思いました。

奥長良川の秘水 非加熱無菌充填パックの活性水素水

ふくふく アサイベリープラチナアイ で 視力回復 できた

ふくふく アサイベリープラチナアイ で 視力回復 できた 私の体験を紹介します。私はずっと視力低下を心配しており、ブルーベリー ルティン アサイベリーとさまざまな目にいいというサプリをとり続けてきました。

暇があれば 今野式 超視力回復 トレーニング などども行っていました。

黄斑変性のレーザー治療後の左目視界のゆがみ アサイベリープラチナアイ で解消し視力回復

もともと視力は 1.2 とよいほうでした。で も50 代のとき、眼科で 「 右目に眼底出血がある 」 と指摘され、詳しく検査を行ったところ、左目に 黄斑変性 があることがわかりました。

すぐにレーザー治療を受けましたが、視力は右 0.6 左 0.2 まで低下し、左目で見ると物がゆがんで見えるようになりました。何でも曲がって見えるし、字を見ても字に見えません。視界はいつも暗くて、頻繁に足を物にぶつけるようになりました。

そんな私に、救いの手を差し伸べてくれたのが妹でした。「 だんだん目が見えなくなっている 」と、不安を打ち明けると、妹は「 これがいいよ 」と、「アサイベリー」をプレゼントしてくれました。

アサイベリーというのは、ブラジルのほうのフルーツだそうでアマゾンを原産とするヤシ科の植物だそうです。アントシアニンとうポリフェノールが多く目にはいいというブルーベリーよりもアントシアニンの量が多いのだそうです。

妹は、アサイベリー で新開の小さな文字が読めるようになったそうです。私もすぐにとり始めると、1 ヶ月ぐらいで変化がありました。趣味のカラオケで、以前はよく見えなかった歌詞の字幕や楽曲選択のリモコンの文字がハッキリと読めたのです。

家では、テレビや壁の時計がよく見えるようになりました。もしや… … と思い、眼鏡店で視力検査をしてもらうと、右目の視力が、0.6 から 1.2 に回復していました。2 度、検眼をしましたが、結果は同じ。眼鏡店の店主も、「 こんなのは初めてだ 」と驚いていました。私は嬉しくて嬉しくてたまりませんでした。視力回復 していたことは確証がなかったのでやっと本物になりました。

 

そのうち、黄斑変性を発症 していた左目に明るさが戻り、ゆがみもほとんどなくなりました。今は右目を隠して左目だけで見ても、人の顔がはっきりと見えます。

以前はよく出ていた目ヤニも、ほとんど出なくなりました。私は介護ヘルパーをしているのですが、夜勤中の目の疲れもずいぶん軽くなったように思います。

「 アサイベリー はいい! 」と、自分で確信した私は、白内障で悩んでいる知人にアサイベリーを勧めました。すると「とり始めたら、運転中の対向車のライトがまぶしくない」と大喜び。

乱視で視力もよくないのに、日常生活ではメガネが不要になったそうです。私と妹、そして知人の目にもアサイベリーは効いたのです。これほど特別な変化を感じられたのは初めてです。「見えなくなったらどうしよう…」という不安はすっかり消え去り、今は本当に幸せです。

ふくふく本舗 アサイベリープラチナアイ はこちら。

 

 

 

 

男性の更年期も気づいてあげて

男性の更年期も気づいてあげて というとえっ!と思った方も多いはずです。ほとんどの人が男性に 更年期 があるとは知らないでしょう。

男性更年期 については、近年、「 加齢男性性腺機能低下 LOH 症候群 」として、少しずつ知られるようになってきました。

男性も女性と同じように、加齢にともない男性ホルモン ( テストステロン ) の低下が起こり、女性の 更年期 によく似た症状が表れます。

女性の 更年期障害 の場合は、l般に広く知られているため家族やパートナーからも理解してもらいやすいのですが、男性の場合、「年のせいだから」「家事をしたくないので、なまけている」などと思われがちです。

でも、周囲から放っておかれるうちに症状が悪化し、場合によっては うつ病 へ進行、中には自殺などに至る不幸なケースもあるので、本当は、くれぐれも注意が必要なのです。

うつ病の症例14「死にたい!と」口にするのははヌーススピリッツ

男性も、40歳くらいから、男性ホルモンの低下にともない、精神・神経症状(意欲の喪失、イライラ感、うつ症状など)、身体症状(筋力低下、疲労感、睡眠障害、急な発汗など)、性機能の低下(性欲低下、勃起力の減退) などさまざまな症状が出てきます。排尿症状(頻尿、尿が出にくい)、骨密度低下(骨粗しょう症)、内臓脂肪の増加( メタボリック・シンドローム) も加わってきます。

男性ホルモンの低下からメタボリック・シンドロームになると、内臓まわりの脂肪が増加することにより、インスリン抵抗性(からだがインスリンに反応しにくい糖尿病の前段階)、高血圧、脂質異常症(中性脂肪の上昇やコレステロールのバランス異常) を生じ、動脈硬化が進みやすい状態で、放置しておくと、将来心血管障害(狭心症や心筋梗塞) や脳血管障害( いわゆる脳卒中) の発症率が高くなることが報告されています。

つまり、内臓脂肪の増加→生活習慣病→臓器障害、認知症、寝たきりと進展していく可能性があるので、早期に対応することが非常に重要なのです。

ですから、あなたの大切なパートナーが最近どうも元気がないなと感じたら、男性更年期に対応している専門のクリニックや病院の受診を、ぜひ勧めてあげてください。

男性更年期もひとつの社会問題になりつつありますが、女性は若年化がすすでいます。

更年期障害が若年化 30歳からはじまってしまう人も