生きることに疲れてしまったあなたへ

生きることに疲れてしまったあなたへ 生きることに疲れてしまった …こう口にする人は、寝ても疲れがとれずに、もっと言えば寝ることもできずに困っている人たちです。

生きることに疲れる ということは、心身共に極限まで疲れるということですが、主に心が疲れた状態です。

また生きることに疲れたということは、単に何かにショックを受けて疲れたということだけでもありません。悲しい事件が続いて心理的に疲れたという意味だけではありません。

例えば、親しい人を失って疲れたという意味ではありません。もう生きるのがイヤになったという意味で、 「 生きることに疲れた 」 と口にしているのです。

生きることに疲れた人は、「生きるのがイヤ」と思いつつも、世の中に恨み辛みは残っています。 「 生きることに疲れた 」 と言う人は、小さい頃からの毎日のストレスの中で、すべてがイヤになったのです。

そして、心の底に憎しみが抑圧されています。

たとえば人と話をするのでさえしんどく苦しいのです。近くにいる人と会話をすることですらエネルギーを消耗します。会話を楽しむ人がいるが、生きることに疲れた人は会話することも辛いのです。何気ない日常の会話も辛い仕事です。

それは無理をして話しているからです。興味がないのに、興味のあるふりをして話をしなければならないからです。会話をしようとすると、自分が自分でなくなるからです。

「 生きることに疲れた 」は、心の底に憎しみが抑圧されているから、人と心が触れ合えなくなっています。1人でいることは楽しくはないのですが、皆でいるのも消耗します。

人前で自分を偽るからです。そして何をするのも億劫です。だから、周囲の人から何かを要求されることが辛くなります。簡単なことでも「こうしてくれ」と要求されることが辛いのです。

自分から前向きにしたいこともありません。かといって何もしないでいるのも辛いのです。生きるのがイヤなのに対処の仕方が分からりません。食べたいものもありません。見たいものもありません。映画にも演劇にも行きたくないのです。会いたい人もいません。

でも家にいても退屈でやりきれない。おそらく 「 生きることに疲れた 」 と言う人は、世の中に恨みを持ちつつも、生きるエネルギーを失ったということです。長いことさまざまな感情を強引に心の底に押し殺しているので、生命力が低下しているのでしょう。

生命力の低下した人が、 「 生きることに疲れた 」 ではないでしょうか。なぜ人は生きることに疲れるのでしょうか。なぜ生命力が低下するのだろうか。生きることに疲れた人は、おそらく憎しみとか敵意とか嫌悪感など、さまざまなせきマイナスの感情が、心の底にうっ積しているのでしょう。

ま生きることに疲れた人は、長いこと憎しみの感情を直接相手に吐き出すことはなかったのです。また、犯罪を犯すことで憎しみの感情を社会に吐き出すこともありませんでした。あるいは、反戦運動に参加して正義を盾に憎しみの感情を吐き出すこともなかったはずです。

 

生きることに疲れた人は極端に真面目な人です。コツコツ努力してきた人です。努力している時に、まさか自分がこのようになってしまうとは予想もしなかったはずです。

自分の努力むくは、いつか報われると思っていたはずです。いつか多くの人から賞賛されると思っていたはずです。まさか自分の人生が、このような形で行き詰まるとは予想していなかったはずです。

でもいま、生きることに疲れて、何もする気にならないのです。

現代人のストレス

マクロビオティツク、玄米魚菜食、ゲルソン療法、甲田療法とは

糖質制限食とマクロビオティツク、玄米魚菜食、ゲルソン療法、甲田療法とはどのような点が異なるのでしょうか?

マクロビオティック、玄米魚菜食、ゲルソン療法は末精製穀物が主食となります。

甲田療法は生の玄米粉と生野菜のみというきびしい食事療法です。それぞれ経験的に一定の病気の改善効果が認められます。いずれも、精製炭水化物である白米や自パンを食べるのに比べると、基本的に食後血糖値のミニスパイクが少ないという点で一致しています。

とくに甲田療法はうまく体に合えば、難病も改善することがあります。甲田療法ならミニスパイクははとんど生じません。食後のミニスパイクを生じない食事が血流・代謝を安定させ、自然治癒力を高めている可能性があります。

そしてもっともミニスパイクを生じない食事療法は、糖質制限食です。糖質制限食なら難行苦行はしなくても、おいしく楽しく実践できて、ミニスパイクも防げるのです。

 

陽性食品・陰性食品・関性食品

現代栄養学では、食物を焼いて、ある一定量の水の温度を1度上昇させる時の熱量を一肋と規定しています。そのため、食べると体が温まる食物(陽性食品)、冷える食物(陰性食品)、温まりも冷えもしない食物(間性食品)などという概念はありません。

しかし、、漢方では、食物の持つ陽性や陰性を重視し、冷え性の人や冷えの病気(風邪、リウマチ、うつ病、下痢、アレルギーなど)には、陽性食品や間性食品を、暑がりの人や陽性の病気(高血圧、脳卒中、欧米型のガンなど)には、陰性食品と間性食品を食べて健康になるように指導します。

簡単に言えば、外観が赤、黒、橙の色、北方産、固い(水分が少ない)食物は陽性食品で、逆に、外観が青、白、緑の色をして、南方産、水分の多い食物が陰性食品です。問性食品は、両者の中間の食品で、黄〜うす茶色をしており、玄米、玄麦、ソバ、アウ、キビ、トウモロコシ、イモ頬など、人頬が主食にしてきた、万人の健康維持に必要な食物です。

https://hood-h.com