テンペ菌発酵茶の鳥取大学でのマウスの実験

医師をしている友達が糖尿病になってしまった話を聞いて以来、糖尿病に効果のある食べ物や健康食品、お茶などを仕事の合間に検索しまっくている。体調は、水分を多めに摂るようにして以来少しいいそうだが、やっぱり体は疲れると言っていました。

友人は医師なので、ある程度動物実験などの結果がでているものがいいと思って探しているが、そういうのは基本的に学会のサイトとかには掲載されているようだが、一般人はアクセスできないようになっています。

そんな中見つけたのがテンペ菌発酵茶というお茶の鳥取大学による実験内容。とても興味深いと思いました。

日本人に多いⅡ型糖尿病のモデルマウスを用意し、一方のグループには高脂肪食を与えます。もう一方のグループには高脂肪食に5% の「テンペ菌発酵の薬草茶」のエキスを混ぜたものを与えます。そして両者で、体重や血液データにどんな違いが出るかを比較してみた実験です。

まず体重ですが、半月ぐらいまでは、両者に日立った差はありませんでした。しかし28日後に確認すると「テンペ菌発酵の薬草茶」を混ぜたエサを食べたグループのマウスのほうが、明らかに体重に減少が見られたというものです。

次に血液を調べると、やはり「テンペ菌発酵の薬草茶」を混ぜたエサを食べたマウスのほうが血糖値、肝機能、中性脂肪、コレステロール、体脂肪が減っていました。この実験結果からも、「テンペ菌発酵の薬草茶」が高血糖の改善に効果があると考えられるということです。

血糖値、総コレステロール、GPT、体重が減ればヘモグロビンA1Cが安定するのかは不明ですが、たぶんデータはよくなるのではないかと予想されます。

テンペ菌発酵の薬草茶の使用感(糖尿病に効果)

糖質制限食というのも効果があるように感じましたが、忙しい友人にはちょっと難しいように感じました。もう少し調べてみたいと思います。

酢たまねぎのレシピ

酢たまねぎが大ブームです。身近な材料ですぐ作れ、手軽に食べられることや、効果を実感しやすいことから、改めてそのよさが見直されているのでしょう。

そこで、降圧剤を使っても下がらなかった血圧が下がったり、血糖値が下がり、インスリンが不要になる、ダイエット効果などさまざまな効果が報告されています。女性は、たまねぎに高いデトックス効果が期待できるので、肌もつやつやになります。

酢たまねぎは、高血圧以外にも中性脂肪やコレステロールなどの値も改善されています。

材料

  • たまねぎ(1個)
  • 塩(少々)
  • 酢(適量)たまねぎが浸るくらいの量
  • はちみつ(適量)好みで増減可能

500mlの瓶で作った場合の目安。

作り方

酢は、リンゴ酢、米酢、黒酢など醸造酢であればどれでもOK。

  1. たまねぎは皮をむいて半分に切り、薄切りにする
  2. スライスした1のたまねぎをさっと1~2分程度水にさらす
  3. 2の水気をきって塩を振りかけよう混ぜる
  4. 3を密閉できる容器に入れ、たまねぎが浸るくらいまで酢を入れる
  5. はちみつを少量のお湯でとかし4に加えて混ぜる
  6. 5を密閉し冷蔵庫で保存。1週間~10日は日持ちする
食べ頃

漬けてから2時間ほどで食べられるが、数日つけ込んだ方が味がマイルドになる。

食べる量の目安

1日のうちに朝と晩の2回、食事時に50~60gを食べるのがおすすめ。
漬け酢も一緒に飲むといい。1回目の目安は、さかずき1杯(10~20ml程度)

酢の量を減らしたい

酢の量を減らしても酢たまねぎを作ることができます。この場合、通常の作り方と比べて酢の量が減るので、酢の効果は多少減ります。酢の量を減らす場合には、1日に1~2回びんをよく振ります。たまねぎと酢がよく混ざるようにするためです。酸味が苦手で酢を減らして作る場合は、少し酢にこだわっていいものを購入するのがおすすめです。

食酢のランキングはこちら

質のいい酢を使うことで栄養を減らさずに作る効果があります。

食事の最初に食べる「酢たまねぎ」のたっぷり有効成分がしっかり効く、高血圧、糖尿病、高脂血症、便秘、動脈硬化などなど
https://more-supplement.info/use/archives/1330